KERACROSS 第三弾

​カメレオンズ・リップ

Coming soon

Introduction

KERA CROSS 第三弾は、甘美な騙し合いが交錯するクライム・コメディの傑作!

松下洸平、生駒里奈、他多彩なキャストが集結!

2021年4月〜5月シアタークリエ他 各地上演決定!

 

 近年、演劇界での名だたる賞を立て続けに受賞し、2018年秋紫綬褒章受章、2019年第26回 読売演劇大賞 最優秀作品賞・優秀演出家賞を受賞するなど、その勢いに留まることを知らない劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)。30年以上の執筆活動の中で、ナンセンス・コメディをベースにしながらも、一つの作風に留まらず鮮やかに変遷し、一人の作家が産み出したとは思えない多様な作品を世に送り出して来た。2019年、その数々の戯曲の中から選りすぐりの名作を、才気溢れる演出家たちが異なる味わいで新たに創り上げる、シアタークリエ連続上演シリーズ「KERA CROSS」がスタート。

 2019年第一弾『フローズン・ビーチ』(演出:鈴木裕美)、2020年第二弾『グッドバイ』(原作:太宰治、演出:生瀬勝久)に続き、第三弾として、2021年『カメレオンズ・リップ』を、河原雅彦演出で上演することが決定しました!

 

 『カメレオンズ・リップ』は、2004年に堤真一、深津絵里などのキャストでBunkamuraシアターコクーンにて初演され、話題となった作品。20世紀初頭あたり、ヨーロッパの古びた山の邸宅を舞台に、謎の死を遂げた姉に瓜二つの使用人と暮らす男、そこに集ってくる亡き姉の夫、元使用人、医師、姉の友人など、様々な人々がそれぞれに嘘をつき、騙し合い、事態を混乱させ、破綻してゆく…予測不可能のクライム・コメディです。その予測不能の物語に、華やかさと毒を含み、心情に刺さるエンターテインメントを生み出す演出家、河原雅彦が挑みます。更に、音楽は、東京事変、the HIATUSのメンバーとして活躍する作曲家・キーボーディストの伊澤一葉。KERA脚本、河原演出との刺激的なコラボレーションにご期待ください!

 キャストには、舞台・映像・音楽など様々なフィールドで活躍し、ドラマ「スカーレット」「#リモラブ〜普通の恋は邪道〜」等でも話題の松下洸平、乃木坂46出身で数々の舞台作品に出演し、『すべての犬は天国へ行く』に続きKERA戯曲への出演となる生駒里奈、女優として、音楽アーティストとしてキャリアを重ね、バラエティ番組でも八面六臂で活躍中のファーストサマーウイカ、そして、華やかさと卓越した演技力で多くの舞台作品に出演する岡本健一、といった話題のキャストを始め、坪倉由幸(我が家)、野口かおる、森 準人、シルビア・グラブという、多彩な実力派のキャストが一堂に会しました。

 計算で割り切れない騙し合いの先に、何が待っているのか。どうぞお楽しみに!

KERA CROSSシリーズとは

ケラリーノ・サンドロヴィッチの数々の戯曲の中から選りすぐりの名作を、才気溢れる演出家たちが異なる味わいに創りあげる連続上演シリーズ。

Copyright ©  CUBE All Rights Reserved 

第一弾 KERA ×鈴木裕美『フローズン・ビーチ』(※終了)

第二弾 KERA ×生瀬勝久『グッドバイ』(※終了)

第三弾 KERA ×河原雅彦『カメレオンズ・リップ』

第四弾 KERA ×三浦直之(ロロ)

第五弾 KERA ×ケラリーノ・サンドロヴィッチ

                                                                    (作 × 演出 の順に掲載)