スタッフ&キャスト

Staff & Cast

Staff

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ   演出:鈴木裕美

美術:二村周作  照明:吉川ひろ子  音響:長野朋美

衣裳:十川ヒロコ  ヘアメイク:福島久美子   音楽:瓜生明希葉

演出助手:山田美紀  舞台監督:二瓶剛雄

撮影:渞 忠之  宣伝美術:東 學  宣伝ヘアメイク:冨沢ノボル

プロデューサー:高橋典子(キューブ) 栗間左千乃(キューブ) 尾木晴佳(東宝)

制作:掛田裕子 川上雄一郎(キューブ)

  広報宣伝:米田律子(キューブ) 菊池雄太(東宝)

製作:北牧裕幸(キューブ)

企画製作:東宝 キューブ

​作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

Keralino Sandorovich

1963年  東京都出身

82年、ニューウェイヴブバンド・有頂天を結成。

自主レーベルであるナゴムレコードを立ち上げる。並行して85年に劇団健康を旗揚げ、93年にナイロン100℃を始動。99年、『フローズン・ビーチ』にて第43回岸田國士戯曲賞受賞、現在は同賞の選考委員を務める。劇団公演に加えKERA•MAPなどのユニットも主宰するほか、外部プロデュース公演での作・演出も多数。映像活動では映画『グミ・チョコレート・パイン』『罪とか罰とか』、自身の企画であるテレビドラマ『怪奇恋愛作戦』(15年テレ東)など。音楽活動ではケラ&ザ・シンセサイザーズ、鈴木慶一氏とのユニットNo Lie-Sense、15年に再始動した有頂天など、各ユニットにて音楽活動も展開中。

 

●近年の受賞歴●

2015年 

第40回菊田一夫演劇賞

(ナイロン100℃『パン屋文六の思案 〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜』、『三人姉妹』)

2016年 

・第23回読売演劇大賞 最優秀作品賞 / 優秀演出家賞

 (KERA•MAP『グッドバイ』) 

・平成27年度芸術選奨 文部科学大臣賞

 (KERA•MAP『グッドバイ』)

2017年

・第51回紀伊國屋演劇賞 個人賞

 (『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜』作・演出、

      世田谷パブリックシアター+KERA•MAP『キネマと恋人』台本・演出)

・第24回読売演劇大賞 最優秀演出家賞

 (『8月の家族たち Ausage: Osage County』)

・第4回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞

 (KERA•MAP『キネマと恋人』)

・第68回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞

 (KERA•MAP『キネマと恋人』上演台本)

2018年

・平成30年秋の叙勲 紫綬褒章

2019年

・第26回 読売演劇大賞 優秀作品賞(ナイロン100℃『百年の秘密』 )

            優秀演出家賞

      (ナイロン100℃『百年の秘密』、KERA・MAP『修道女たち』)

​鈴木裕美

​Yumi Suzuki

1963年生まれ 東京都出身

1982年、日本女子大学在学中に「自転車キンクリート」を結成。

「自転車キンクリートSTORE」を含め、ほとんどの公演を演出。現在は小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、ダンスと多種多様なジャンルで精力的に活動中。2011年より個人ユニット「鈴木製作所」を立ち上げ、『ノミコムオンナ』を製作。2019年4月、新国立劇場初フルオーディション企画 『かもめ』を演出する。

 

 <近年の主な演出作品>

『二十日鼠と人間』『宝塚BOYS』『シラノ・ド・ベルジュラック』『フロッグとトード がま君とかえる君の春夏秋冬』『蜘蛛女のキス』『花より男子 The Musical』など。

 

●受賞歴●

2000年

・第35回紀伊國屋演劇賞個人賞

 (『OUT』『高き彼物』)

・第8回読売演劇大賞優秀演出家賞

 (『OUT』『高き彼物』)

2007年

・第10回千田是也賞

 (『宝塚BOYS』『たとえば野に咲く花のように―アンドロマケ』)
・第15回読売演劇大賞優秀演出家賞

 (『宝塚BOYS』『たとえば野に咲く花のように―アンドロマケ』『ハレルヤ!』)
・第33回菊田一夫演劇賞

 (『宝塚BOYS』『ハレルヤ!』)

・ミュージカル・ベストテン演出家賞

 (『ハレルヤ!』)

2010年

・第18回読売演劇大賞優秀演出家賞

 (『富士見町アパートメント』『この雨 ふりやむとき』)
・第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞

 (『富士見町アパートメント』)

Cast

鈴木 杏

Anne Suzuki

1987年生まれ 東京都出身

1996年にTVドラマデビュー。

以後、テレビ、映画、舞台などで活躍の場を広げる。

日本アカデミー賞新人俳優賞・話題賞W受賞、高崎映画祭最優秀主演女優賞受賞、第24回読売演劇大賞最優秀女優賞受賞など、多数の賞を受賞する。

近年の主な出演作品は、舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』、KERA・MAP#008『修道女たち』、『ムサシ』、『欲望という名の電車』、『トロイ戦争は起こらない』、『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜』、『マリアの首』、『イニシュマン島のビリー THE CRIPPLE OF INISHMAAN』、ナイロン100℃『社長吸血記』他。映画『明日にかける橋1989の思い出』他。『ドキュメント72時間』(NHK)のナレーションも担当。

ブルゾンちえみ

Buruzon Chiemi 

1990年生まれ 岡山県出身

お笑い芸人。

2017年「ぐるナイおもしろ荘」(NTV)にて芸歴2年目にして優勝し、独特な芸風とメイクで一躍脚光を浴びる。同年の「R-1グランプリ」では決勝進出。さらに「人は見た目が100%」(CX)で初のドラマ出演。「24時間テレビ」ではチャリティーマラソンランナーに抜擢され、2017年最も輝いた女性に贈られる「VOGUE JAPAN Woman of the year」や、「小学館DIMEトレンド大賞/ベストキャラクター賞」、「ORICON NEWSクイーンズアワード」、「Yahoo!検索大賞」を受賞。2018年ドラマ「サバイバル・ウェディング」(NTV)、映画「ジオストーム」のアフレコ、番組のナレーション、CMにと多方面にて活躍の場を広げる。今回、初舞台となる

花乃まりあ

Maria Kano

1992年生まれ 東京都出身。

2010年、宝塚歌劇団に入団。

月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』で初舞台。その後、宙組に配属。12年、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の新人公演でヒロインに抜擢される。以降もバウホール公演や新人公演でヒロインを務める。14年に花組へ組替え、同年11月には花組トップ娘役に就任。2016年度には阪急すみれ会パンジー賞、娘役賞を受賞。2017年2月『雪華抄/金色の砂漠』東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

後2018年1月『越路吹雪物語』(EX)にて女優デビュー。

舞台『二十日鼠と人間』、『執事 西園寺の名推理』シリーズ(TX)他。2019年4月よりNTV「ZIP!」ファミリーとして特集コーナーを担当中。

シルビア・グラブ

Sylvia Grab

1974年生まれ 東京都出身

スイス人の父と日本人の母の間に生まれる。

1997年女優デビュー。2008年、『レベッカ』のダンヴァース夫人での演技が評価され、第34回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。2012年、『国民の映画』のツァラ・レアンダー役の演技が評価され、読売演劇大賞・優秀女優賞を受賞。最近の主な出演作に、『ロミオ&ジュリエット』、『日本の歴史』、音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』、KOKI MITANI’S『ショーガール』、ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』、ミュージカル『パッション』、ミュージカル『next to normal』、他。TVドラマ 大河ドラマ『真田丸』他。映画『未成年だけどコドモじゃない』他。

© 2018 TOHO & CUBE