8月1日(木) ナイロン100℃より松永玲子さんをお迎えしてアフタートークショーを開催しました。

松永玲子さんと言えば・・・。

そうです、初演・再演の『フローズン・ビーチ』で、愛/萌を演じられました。

当時の様子をとても楽しくお話しくださった松永さん。

FBオフィシャルTwitterでもお伝えしていますが、ここではまとめてお届けします。


~~~☆~~~☆~~~

・その1

「今日見ていて、(初演の時の)ケラさんからのダメだしが走馬灯のようでしたよ」(松永玲子)

「えー、そうなんだー、怖ーい!」(鈴木杏)

・その2

すごく楽しませていただきました。4人が本当に大変なのはよくわかるんですけど、他人事になると、あー面白いって。色々大爆笑させていただきました。(松永玲子)

・その3

初演の初めての通しの日にとてもそんな状況ではなくて・・・、表参道で途中下車してしゃがみ込んでた。

稽古場に電話してお腹が痛いっていって・・・。

シュークリーム買って食べて、“もうしゃあない”って稽古場に行ったらお姉さん3人から、「大丈夫?大丈夫?」ってものすごく心配されて。

すさまじい罪悪感に襲われて、そこから本気でつとめようと思いました」(松永玲子)

・その4

ケラさんは稽古を見ながら台本を書きます。8年ごとの話になるとだけ発表されてて。

私の役、殺された!と思ったら次の日、生き返った! と、稽古場行かなきゃわからない、ドキドキの連続でした。(松永玲子)

・その5

「台詞の中で熊さん、八っつぁんって出てきて・・・」(ブルゾンちえみ)

「私、落研なんですよ。そんなパーソナルな部分も台本に盛り込まれて、計算高いようですきだらけなところなんかも・・・」(松永玲子)

・その6

「地盤沈下する場面の頃から、愛が途端にしゃべらなくなりますでしょ。

若手の私の許容量を超えてしまって、お姉ちゃん3人で回してくれたんじゃないかな、と」(松永玲子)

「なるほどー!」(4人)

~~~☆~~~☆~~~


本日のアフタートークには、同じくナイロン100℃より犬山イヌコさんをお招きします!


© 2018 TOHO & CUBE